2021年10月1日 今週の振り返り

またしても、、、

ノートレード。

 

唯一のチャンスとなりえたポンドルを取れなかったのが最大の問題だった。

取れたら200pipsだったのに…無念。。

 

他にトレードチャンスがなかったか、相場を振り返っていく。

GBPUSD

1時間足

①が絶好のチャンスだった。15分足を見なければエントリできたろうに…。まぁ見ないなんてないけど。今後のため、ここはルールを変えた。

②は1HMA伸びきっていて、第5波狙いとなるのでスルー。

③は形ができればエントリするつもりだった。が、戻り売りの形にならずに上昇して、また1HMAを上抜けてしまったのでスルー。まぁ4時間足でもかなり下げた後の第5波狙いなので、あまり乗り気ではなかったのだけど。

①以外に特に取り逃しはない。

USDJPY

1時間足

先週に引き続き、キチガイのような上昇中。

1HMAが伸びた状態で上昇を続けるので追えない。

唯一、①で1HMAを水平にした押しがあった。しかし、エントリポイントが前回高値直前になってしまう。そして、その高値は年初来の最高値である。さすがに買えん。アホにならんと買えない。

ということで、取り逃しというのはないな。動いているけど、自分には取れない。

今日金曜になって、4時間足の押し安値を割ってきた。ここからは4時間足レベルの戻り売りを狙う局面。来週は売り狙いから。うまく利益取れないかなぁ。

EURUSD

1時間足

①まではジリジリと下げる展開。1HMAも走りっぱなしで、週足レベルの最安値も近いので、売るに売れん。そして①。直前で一瞬下落ダウを崩したようにも見えるところ。1HMA水平。4時間足レベルの戻り売りとなるうるので売りも考えたのだが、週足レベルの最安値を抜ける前に売るのはきつい。実際、直前でもかなり買い方の抵抗にあってるのが見えてるし、リスク高い。

実際は欧州オープン付近で一気にラインを下抜けた。で、1時間足2本の陽線で上を試すも、しっかり押さえられての下落開始。ここは売るのもありなのかなぁ、、、と思いつつも、15分足も既に走り始めた後だし、自分の辞書にはここで売るのはない。

ということで、自分にはトレードできない形だった。

下げた後は、1HMAが伸びきった状態での戻り売りなので興味なし。

ここも、特に取り逃しはない。

AUDUSD

1時間足

トレードを考えるのは①くらい。

完璧なレジサポ逆転が見えている。しかし、この①も何度も反発した節目直前であり、1時間足でも高値切り下げが見えないなど、トレードする形にはならなかった。

それでも、ポンドドル、ユロドルが大事な節目を下抜けて走っているという状況からして、「オジドルも下抜けるんだろうなぁ。。。」とは思っていたのだけど。

特に取り逃したような場面はない。

負けるのが嫌だからトレードしたくない

と思っている自分がいるな、、、と感じる。

いやまぁ、取り逃したのは1回だけど、

エントリする前に

「ほんとにいいのか?ほんとにいいのか?」

とかなり慎重になっている。

その取り逃したやつも

「直下げ!?これアカンやつでしょ!」

とトレードしない理由を探してるんじゃないかと思うほどに。。

いや、まぁ、「直下げは危険」というのはほぼルールのようになっていたのだけど、

なんというか、、

相場環境的に「日足のグランビル第3波になりうる」という大チャンスであり、そんな些細な理由で見送ってしまったのはイケてないよな、、、と感じる。

 

結果論、とも言えるのだが、「負けても後悔なし」の局面だったのではないか?

いや、

「負けても後悔なし」

の局面だと認識できなかった事が問題だよね。

まだまだ大局がおろそかになってるな。

 

いや、疑心暗鬼になってるとも言える。

相場で信じられるものなど何もない。日足グランビル第3波?そんなのホントに優位性あるのか?」

そう感じている面もある。

そんな事思ってたら、何を頼りにトレードするんだって感じだけど…。

だからトレードが怖いんだよな。

こういうのを払しょくするには、「検証と実績」しかないのだろうが、、。実績が欲しい。。

まとめ

にしても、、、

たった1回しかチャンスないから、ほんとに取り逃しが痛すぎる。

でも、取り逃しを気にし始めると、雑なエントリになりがちなので、あまり良くない。

焦るんだけど、

焦らず来週もトレードに取り組んでいこう。

 

お疲れさまでした。